高潮・津波バリアー研究会とは津波漂流物で失われる大勢の命と財産を救うために漂流物を捕捉する装置や避難する装置を研究する港湾土木、建設資材、鋼構造の専門家からなる異業種研究集団です

ホーム > 新着情報 > 須崎港の木材固縛装置が完成(2011.02.28)
2011.02.28

須崎港の木材固縛装置の取り付けが完成(実験工事)しました

須崎港の木材の山の流失を防止するために実験工事として1200本ほどの木材の山20について、ネットによる流失防止策を昨年7月から実施、2月末に完了しました。

高潮・津波バリアー研究会の提案した方法はネットで四隅を包む方法で山全体が流れることはあっても木材が散逸しにくく、朝晩の包み解きの時間も掛らないすぐれた方法である。


須崎木材対策
ホーム > 新着情報 > 2011.02.28