高潮・津波バリアー研究会とは津波漂流物で失われる大勢の命と財産を救うために漂流物を捕捉する装置や避難する装置を研究する港湾土木、建設資材、鋼構造の専門家からなる異業種研究集団です

ホーム > 新着情報 > 広島港の膜式防潮堤の実験(2011.03.28)
2011.03.28

広島港の膜式防潮堤の実験が完了しました

世界初の膜構造のセクターゲートタイプの防潮堤の調査研究を進め、このほどプロトタイプが完成し、2011年1月から約1カ月間一般公開され、その間実験も行われました。この実験では、駆動性、止水性の確認と衝撃し載荷試験が行われました。この研究は研究会会員の総力を挙げて行われ1.5m程度なら膜構造で水が止められることを確認しました。



広島港の膜式防潮堤の実験
広島港の膜式防潮堤の実験
ホーム > 新着情報 > 2011.03.28