高潮・津波バリアー研究会

高潮・津波漂流物対策工

津波バリアー(漂流物防護柵)

津波バリアー(漂流物防護柵)
  • 道路にはクルマの逸脱防止のガードレール、落石には落石防護柵、雪崩には雪崩防止柵、河川には土石流捕捉工があります。
  • 私たちが提案する「津波バリアー(漂流物防護柵)」は、小型船舶、車、コンテナ、木材など津波によって漂流物となり得る対象に合わせて支柱と捕捉スクリーンを適切に配置することにより、それら漂流物を水際で捕捉する施設です。
  • この分野に今までなかった発想で、人命、船や家屋などの財産を津波から守る低コストの減災技術です。
  • 津波バリアー(漂流物防護柵)とは
  • 津波対策における「津波バリアー」の位置付け

貯木固縛システム

貯木固縛システム
  • 津波が来襲すると、港湾の貯木場に積み置きされた木材がばらばらに流され、漂流物となって市街地に流出する可能性があります。
  • 「貯木固縛システム」は木材が散乱して漂流物となることを抑制します。
  • 簡易な装着方法により、日常の荷さばき作業にも支障を来しません。
  • 「津波バリアー」と組み合わせることで、木材の漂流物化を防止する効果を一段と高めることができます。
  • 貯木固縛システム 詳細

高潮バリアー

高潮バリアー
  • 津波対策と並んで、港湾・臨海部では台風や大型低気圧の高潮に備える防災ツールの整備が重要な課題です。
  • 「アクアシェルター」は、特殊なガラス繊維膜と鋼製フレームでできた全く新しいタイプの防潮堤です。
  • 通常の陸閘に比べ、止水壁の重量が1/10以下になり、動力を使わずに人力で迅速に昇降できる利点があります。しかも高潮に対する止水性は陸閘に引けを取りません。
  • 高潮バリアー 詳細
  • アクア・シェルター