高潮・津波バリアー研究会とは、津波漂流物で失われる大勢の命と財産を救うために漂流物を捕捉する装置や避難する装置を研究する港湾土木、建設資材、鋼構造の専門家からなる異業種研究集団です

ホーム > 津波バリアーとは
津波バリアーとは

津波バリアー

津波により発生する漂流物を捕捉、衝突・流出による被害を軽減します。

津波バリアーは、津波の来襲時に陸地内に流れ込む漁船、木材、コンテナ等の流入を抑え、引波時は、人、家屋、車両等の海への流出を防止します。津波の被害を軽減し、海岸部の生活圏の人命や財産を守る手段として有効です。


津波バリアーの概要

津波により発生した漂流物を鋼管支柱とワイヤロープにより捕捉します。漂流物が衝突した際に支柱が変形しながら衝撃を吸収し、さらに弾性に優れたワイヤロープが衝撃を緩和し、漂流物を受け止め衝突、流出の被害を防止します。

津波バリアー概念図・基本構造
2011年3月11日、東日本大震災によって発生した津波において国土交通省北海道開発局が調査を行った結果、えりも港、十勝港において最大約2.3mの津波が発生し、設置されていた津波バリアーが係留してあった漁船および多数の漁具を捕捉し、市街地への流入を防ぎ、車両等の漂流物の港内への流出を防いだことが確認されています。

ガードケーブルタイプ

港内の陸との境目や燃料タンク、貯木場等の周囲に設置します。鋼管を使用した端末支柱と中間支柱、それらを結ぶワイヤロープで構成されています。津波に運ばれた漂流物の衝突により支柱が損傷を受けた場合でも、バリアー全体の機能は損なわれず、性能を維持します。

ガードケーブルタイプ写真

複合タイプ

平常時は、アーケードや憩いの場として使用し、津波発生時には漂流物を捕捉する複合的な機能を持たせた津波バリアーです。商業地域や観光地など人が集う場所に適しており、港の景観づくりにも役立ちます。

複合タイプ写真

貯木固縛システム

貯木固縛システム写真

木材を1ブロックごとに捕縛し、ブロックを連結用ロープにつないで、津波による木材の散乱、流出を防止します。ワイヤロープと同等の強度を持ち、柔軟性に富んだ繊維ロープを使用しており、容易に設置することができます。